ビットコインに乗り遅れた

完全に乗り遅れた。

億り人になりたかった。乙です。

 

 

それは良いとして、仮想通貨って何かよくわからない。

 

株なら、会社の業績と期待値に基づいているからいきなり0になることは少ないだろう。

ドルや円も、国が流通させてて帰るものがあるわけで、いきなり0になることはないだろう。

 

 

一方で、ビットコインは対して裏付けが思いつかない。

ICOなんてもっと裏付けないものだ。

 

 

こういう、よくわからないものを学ぶには、やってみるのが一番である。

ということでbitflyerで5万円分ビットコインを買ってみた。

 

よくわからない

 

で、上下をヒヤヒヤしながら見ているが、いまいちわからない。

とりあえず5万円を割ると悲しい。

 

一方で、買って一ヶ月ぐらい経つが対して変動しない気がした。

昔の、2倍になった!みたいな感じがない。きっと、お金の流入が昔ほど急激になってないのだろう。

 

いろいろ調べていると、どうもビットコインはオワコン感があるらしい。

取引に時間がかかったり、送金手数料が高かったりで当初の貨幣の代わりになる、を果たせなさそうらしい。

 

となると、ポストビットコイン的なものが出現して、そちらに乗り替わり始めるんじゃないか。そう考えるのが当然である。

 

いろんなコインを買って、初めて少し意味がわかった

 

じゃあ、次どのコインなの?に関してはまだ答えが出ていない。

イーサリアムリップルNEMなど、いろいろ出ているが、それぞれ特性が違う。

 

イーサリアムは決済にプログラムを埋め込める。例えば、送金時に、明日雨になったら送金されない、という条件を入れられる。

これがあると、雨天中止のイベントで、いつまでも主催者から返金されない、などのトラブルが防げる。

 

 

リップルはよくわからないが、送金が早い?手数料が安い?とかだった気がする。大手金融機関がリップルで取引するニュースが出てて、貨幣に取って代わる感が出ている。

 

などなど、ネクスト国家貨幣、になりそうな、いろんな特性を持ったお金が出ている。

 

ただ、どれもいろいろ違うし、どれが普及するかはわからない。

だから乱高下するのだ。

 

ビットコインは意外に下がらないのでは

 

こういうコインを買うには、bitflyerは使えない。買えるコインが少ないからだ。

日本では扱えるコインに金融庁の認可がいるらしい。

 

一方でbinanceなどの海外の取引所では数百種類のコインが取引されている。

 

ということで、登録したのだが、実際他のコインを買おうとするとビットコインイーサリアムが必要になった。

クレカで取引できるところもあるかもしれないが、世界最大の取引所でも使えない。

 

そうなると、ビットコインを扱わざるを得ないのだ。

 

この構図が続く限り、ビットコインは多くの人が扱う通貨になるから、多くの人が扱うがために下がりづらいドルや円に近い構図になりつつあるのではないか。

 

仮想通貨全体が一気に終わらない限りは。

 

そうなると、意外にビットコインって値下がりしないんだろうなと思った。

 

まとめ

どの道、色々なことができる仮想通貨って面白い。

スマートコントラクトとか、マイクロペイメントとか、今よりもより簡単に、複雑にお金のやり取りを実現できるのは面白い。

 

だから、話題になってるんだなと思った。

仮想通貨、どう使うかが大事な一年になりました。