論語と算盤と私

論語と算盤と私
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M4GP0D7/ref=cm_sw_r_cp_awdb_sCjdzb279RAPM

心得、みたいなのが知りたかったので主に前半のみ。後半はより具体的なファイナンス論など。バイブルになりそう。何度か読みたい。


「サラリーマン経営者の、院政問題は責任と権限の分離」
権限と責任が一致していないとダメ。
資金の用途や人事の権限が実質ない、とか。骨抜きになってしまう。判断の結果が悪ければクビにしてください、ぐらいの責任は必要。
経営者は独裁すれども独断せず、だが最終的には自分で意思決定することが大事。

「べき論は多いが、どう遂行するかが触れられない。理、心、運は1:4:5。」


意思決定に対して、正しい、間違いを言うのはそもそも無意味。自分が選んだオプションをいかに正解にさせるかが経営者の仕事。

心の底から笑うためには、自分の痛みを取り出し、その痛みで遊べるようにならなきゃいけない


「明確な目標は思ってる10倍大事」
その生活でno1になれるの?、みたいな感じでチームメンバー同士で意識できる。


「使命(ミッション)の目覚めは組織の第2のバースデー」
ミッションは生業の域を超えて突き詰めたいと思える事業、使命に出会ってしまった時に改めて成文化するもの。
パナの、水道理論が公表されたのが創業日になっている。
※これは、なるほどと思った。後付けもありか。

ミクシィの社是案
「楽して儲けるを全力でやりきる」
根性論にならないよう。なぜこれやってる?を大事にしたいから。

「三ヶ月前は黒歴史
恥ずかしくなるような思い。そのスピードで成長する。こうなってなければ何かがおかしい

「本当の失敗は挑戦しないこと」

「なんとかなる」

色々あったけどここら辺が特に刺さった。

「解くべき問いを間違えない」
間違っていなければ、いつかは解ける。