Max Is Back

新規事業/起業/スタートアップとして新しい価値を作るためで学んだことを発信していくブログです。

クラウドファンディングで自費0円でエストニアに行ってみて

こんにちは、ヒガシ(@suica_versa)です。 某ベンチャーで5年ほど新規事業の立ち上げを行い、今は退職してスタートアップにて事業立ち上げとエンジニアリングの支援をしています。

私は以前、前職の退職時にエストニアに行くためのクラウドファンディングを実施しました。

note.mu

今回、そのクラウドファンディングについて

  • なぜクラウドファンディングを選んだのか?

  • 具体的にどんなことをやって、どの程度集まったのか?

  • やってみてどうだったか?

といった質問をよく受けるのでまとめました。

クラウドファンディングやってみたい!変わった旅をしてみたいと思っている方には是非読んでいただきたいです。

エストニアについては今回はあまり触れません。noteをご購入いただくか、今後の記事にご期待下さい。

なぜクラウドファンディングを選んだのか?

当時、私の担当していた事業の伸びが芳しくなく、事業自体の方向転換を含めて新しいアイデアを出そうと考えていました。

ちょうど入社して5年ほどたち、キャリアチェンジのタイミングでもあるなとも思っていました。

そんなとき、一つのニュースが。

japanese.engadget.com

面白そう!

このニュースを皮切りに色々調べていくと、スタートアップを支援するためのスタートアップビザや、 国家の基幹システムにブロックチェーンの仕組みを取り入れているなど、面白そうなことがいっぱいありました。

ちょうど時間もあるし、実際にエストニアのスタートアップの雰囲気やブロックチェーンのビジネスにどんな会社があるのか知りたい!

エストニアに行きたい!

そんなことがきっかけでした。

一方、退職することに決めていたので、資金が全然無い(全然貯金しないタイプ)、、 とはいえ、多少のお金がない程度で諦めたくない!と思っていた時に、ネット界の有名人、けんすうさんがこんなツイートをしていました。

これだ!

ちょうど自分のまわりにも同じようにエストニアに興味がある人は多い。

これのエストニア版をやれば資金を集められるしみんなの疑問にも答えられる!

ということで、クラウドファンディングで募って調査することにしました。

クラウドファンディングの実施までにやったこと

と、決意したは良いものの、なかなかクラファンの募集を用意するのが億劫でいつまでも行動に移せず。。

見かねた友人の後押しで、先にチケットを押さえることにしました。

出発日が決まり、どんどんデッドラインが近づきます。

いよいよ焦りまくってクラファンの募集文を猛烈にタイピングしました。

あたりを短めにまとめて、前述のnoteを書くに至ります。

実は当初、Campfireで募集しようと思い投稿したのですがリジェクトされ断念しています。

まだアポが決まっていないため支援者へのリターン内容が確約できない状態だったのですが、これが規約的にNGとのことでした。

そんなことをやっているうちに日数が少なくなったため、最終的に審査がないタイプの集金手段として、想いを伝えるのに良いnoteと、資金を集めるのに良いpolcaを使いました。

それぞれの選定理由は、

  • noteは記事を買う形で購入が楽

  • polcaは購入がアプリ必須だった(当時)で面倒だが手数料が0円

といった点です。

頑張ってnoteを書いて友人に見てもらい、添削をお願いし、恐る恐る公開ボタンを押して、、 動き始めてから公開まで3日程度で募集開始です。

いよいよクラウドファンディング開始

ということで紆余曲折ありつつも、いよいよ資金を募集開始。

初動が大事だなと思い、公開直前に友人にシェアを依頼していました。 友人5人程度がシェアしてくれれば、共感性が高いものであれば一気に広まるだろうという狙いです。

また、このアイデアけんすうさんのツイートがきっかけだったので、募集しました!というリプライもを飛ばしてみました。

個人的には、単なる宣伝リプライは普通に飛ばしてもスルーされるし迷惑になるものだと思っています。

が、今回のプランはけんすうさんが過去他の人に提案した内容をを実際に行動に移したものです。

仮に移して成功すれば、けんすうさんのアドバイスが正しかった裏付けになり、けんすうさんの得にもなるし、当時アドバイスされた人の後押しにもなると思ったのであえてリプライしました。

すると、超親切なことにけんすうさんにnoteを購入いただきリプライもしていただきました!

そんな感じで初動がうまく行き、売れ行きはなかなか好調。

結果として、リリースして2週間程度で渡航費、宿泊費、食費を含めた全額が集まりました。

f:id:suica_versa:20181025192517p:plain f:id:suica_versa:20181025192524j:plain f:id:suica_versa:20181025192511p:plain

出発までにやったこと

クラファンで資金を集めた以上、責任が発生します。

しかも、他の誰でもない自分自身の信頼を、しかも友人やお世話になった人からの信頼が掛かっています。

エストニア行ったけど収穫0でしたテヘペロ、とかあり得ません。

クラファン募集してからというものの、死に物狂いでアポ取りをしました。 とは言うものの、意外にアポメールが返答率が良かったため変わったことはしておらず、 ひたすらメールでアポを取り続けました。

結果は24通送って13通返答あり。結果12件アポが設定できました。

更に、事前調査しないと聞いてもわからない可能性があるので、ある程度調査してから行くことに。

リターンのレポートは渡航前に目次を作りました。最低でもこういう内容ならもらって嬉しいだろう、を先に考えて、内容を満たす情報を取りに行くことを意識していました。

とはいえ、振り返ってみると結果としては半分埋めて、半分は別の内容になりました。

いよいよエストニアへ!現地でやったこと

なんとか無事アポイントも設定でき、現地で見たいこともかなりリストアップできました。

結果、訪問中の営業日が少なかったこともあり毎日4アポ近くをこなすことに。

最初の3日間はディナーしか食べれないというガッツリ取材の毎日になりました。

とはいえ、現地でもひたすら、リターンに値するものがかけるか、学びを増やせるかに焦っていました。

正直楽しむ余裕が無い!信頼を失ってしまう、という焦りが常にあってひたすら残せるデータを残していました。

過去の海外渡航で一番プレッシャーを感じたかもしれないです。。

現地でもクラウドファンディングで来ました、というと他の会社も紹介していただくなどあり、新規アポも増えました。

一方で、当初一番参加したかったブロックチェーンカンファレンスが思ったより収穫がなく、書くことがなかったのが一番の焦りでもありました。

現地でのことなどは、noteにも書きましたが気になる方はが入れば別の記事で書こうと思います。

帰国&レポートをリリース

ということで、3週間程度の旅程(最後の週は現地の友人に会いに行っていた)をこなしてレポートをリリースしました。

と、サラッと書いていますがレポート書くのもかなり大変。

一度書いては消し、、を繰り返し、、見てもらえるクオリティなのか・・?に自問自答し続けて、いい加減にリリースしろ!と支援者に怒られつつ、帰国後三ヶ月後にレポートをリリースしました。

高額支援をしていただいた方にはプレゼンもしました。このnote見てプレゼンされてないぞ! という方はいつでもお呼びください!

クラウドファンディングをやってみた振りかえり

正直、目的によりますが旅行気分で、ならあまりオススメしません。 ひたすら何かに追われている気分になりますし、学びがなかったらどうしよう、、というリスクヘッジを用意しまくるのに大変でした。

一方で、今回のように調査したい、という明確な目的があればクラウドファンディングは最適だと思います。

資金面でもそうですが、周りの人から頂いた「これを調べてほしい!」という視点が調査する上でかなり参考になりました。

今回の渡航の中で行ってよかったと思えたのは、現地に住むことや働いてる人の人種、雰囲気をリアルに知れたことです。

現地には日本と同じように生活をしている人がいて、スタートアップに関係ない職の人が大半を占めている。 日本よりも少ない人口で、エストニアにはエストニアの苦労がある。

現地の人と話していて感じた、日本とのリアリティのある対比ができたことが一番の収穫です。

日本はかなり恵まれていると感じれました。 (もちろん、もっと具体的なスタートアップ支援制度の話やブロックチェーンの取り組みも知れました)

さいごに

ということで、無事帰国&レポートを出すことができました。

人を巻き込んで行動を起こすのは、なかなかに勇気がいるししんどい事ですが、 一つ一つの本気度が高くなるし、みんなこんなに助けてくれるんだな、と感じれたのは非常に大きな体験でした。

今では、エストニア、来年には住みたい!と思い割と本気で考えていますw

BULK HOMMEのトライアルキットは素晴らしい

表題の通りですが、BULK HOMMEのトライアルキットを試しています。

Amazonでも買えて、今買うとPrime会員なら翌日届きます。

良い点

  • 洗顔の泡立ちがかなり良い
    • クッションみたいな超しっかりした泡ができます。顔洗うの楽しい。
  • 化粧水、乳液がべたべたしない
    • もともと薬局で売っているような化粧水は使っていましたが、割とベタベタしたりライト過ぎて意味なかったりだけど、ちょうど良かった。
  • パッケージがオシャレ
    • アガります。

f:id:suica_versa:20180816113439j:plain

悪い点

  • 高い。高すぎ。
  • 洗顔ネットが使いづらい
    • 泡たてるのが若干難しかったです。もっと良いの買うのが良いかも。それでも良い泡はできます。

まとめ

一週間、ってちょうど良い。使い切るまで頑張れる。 使った翌日に血色良くなったねと言われたのできっと効果あるんだと思います。 二日目も別の人に言われました。

しばらく使ってみて、Before/Afterやってみようかな。

ビットコインに乗り遅れた

完全に乗り遅れた。

億り人になりたかった。乙です。

 

 

それは良いとして、仮想通貨って何かよくわからない。

 

株なら、会社の業績と期待値に基づいているからいきなり0になることは少ないだろう。

ドルや円も、国が流通させてて帰るものがあるわけで、いきなり0になることはないだろう。

 

 

一方で、ビットコインは対して裏付けが思いつかない。

ICOなんてもっと裏付けないものだ。

 

 

こういう、よくわからないものを学ぶには、やってみるのが一番である。

ということでbitflyerで5万円分ビットコインを買ってみた。

 

よくわからない

 

で、上下をヒヤヒヤしながら見ているが、いまいちわからない。

とりあえず5万円を割ると悲しい。

 

一方で、買って一ヶ月ぐらい経つが対して変動しない気がした。

昔の、2倍になった!みたいな感じがない。きっと、お金の流入が昔ほど急激になってないのだろう。

 

いろいろ調べていると、どうもビットコインはオワコン感があるらしい。

取引に時間がかかったり、送金手数料が高かったりで当初の貨幣の代わりになる、を果たせなさそうらしい。

 

となると、ポストビットコイン的なものが出現して、そちらに乗り替わり始めるんじゃないか。そう考えるのが当然である。

 

いろんなコインを買って、初めて少し意味がわかった

 

じゃあ、次どのコインなの?に関してはまだ答えが出ていない。

イーサリアムリップルNEMなど、いろいろ出ているが、それぞれ特性が違う。

 

イーサリアムは決済にプログラムを埋め込める。例えば、送金時に、明日雨になったら送金されない、という条件を入れられる。

これがあると、雨天中止のイベントで、いつまでも主催者から返金されない、などのトラブルが防げる。

 

 

リップルはよくわからないが、送金が早い?手数料が安い?とかだった気がする。大手金融機関がリップルで取引するニュースが出てて、貨幣に取って代わる感が出ている。

 

などなど、ネクスト国家貨幣、になりそうな、いろんな特性を持ったお金が出ている。

 

ただ、どれもいろいろ違うし、どれが普及するかはわからない。

だから乱高下するのだ。

 

ビットコインは意外に下がらないのでは

 

こういうコインを買うには、bitflyerは使えない。買えるコインが少ないからだ。

日本では扱えるコインに金融庁の認可がいるらしい。

 

一方でbinanceなどの海外の取引所では数百種類のコインが取引されている。

 

ということで、登録したのだが、実際他のコインを買おうとするとビットコインイーサリアムが必要になった。

クレカで取引できるところもあるかもしれないが、世界最大の取引所でも使えない。

 

そうなると、ビットコインを扱わざるを得ないのだ。

 

この構図が続く限り、ビットコインは多くの人が扱う通貨になるから、多くの人が扱うがために下がりづらいドルや円に近い構図になりつつあるのではないか。

 

仮想通貨全体が一気に終わらない限りは。

 

そうなると、意外にビットコインって値下がりしないんだろうなと思った。

 

まとめ

どの道、色々なことができる仮想通貨って面白い。

スマートコントラクトとか、マイクロペイメントとか、今よりもより簡単に、複雑にお金のやり取りを実現できるのは面白い。

 

だから、話題になってるんだなと思った。

仮想通貨、どう使うかが大事な一年になりました。

 

セブンイレブン飲み会をやってみた

ということで、前回の セブンイレブンの商品だけで作るサングリア を持って、セブンイレブン飲みというのに参加してきた。

azmax.hatenadiary.jp

セブンイレブン飲みとは

セブンイレブン飲みとは、セブンイレブンプライベートブランドのみ食す、飲むことが許可された飲み会である。 たとえセブンイレブンで売っていても、PBでなければ持ち込むことはできない。

とはいえ、、、

f:id:suica_versa:20170811003716j:plain

フルコースが作れるぐらいにラインナップがあるので、楽勝で飲み会が成立するのである。

で、セブンイレブン飲みをやってみた感想

会の写真はこんな感じ。

f:id:suica_versa:20170811003823j:plain f:id:suica_versa:20170811003833j:plain f:id:suica_versa:20170811003843j:plain

もちろん、セブンイレブンの商品だけで作るサングリア も作ったよ。

f:id:suica_versa:20170811004551j:plain

感想

結構満足度は高いのだが、セブンイレブンの商品はどうも一人暮らし用に設定されているのか、

という感じ。

何も考えずにセブンのものだけで飲み会やると、単なる宅飲みになるが出す順番や皿を気をつけると結構レベルが高い食事会に昇華されることがわかった。

次回以降

これ、フルコースにするのがいいんじゃないかと思う。実際、フルコースやってみた系の記事はちらほら見かける。

www.kurasinositen.com

news.mynavi.jp

ただ、俺らならもっと行けるはず。PB限定、ではなくセブンで買えるもの限定、まで広げるとかなりレベルが高いものが作れると思う。ということで、どこかでやってみようと思う。

セブンイレブンだけで即席サングリアを作ったら美味かったの巻

セブンイレブンの商品は相当企業努力を感じる。

以前、ジョブチューンという番組でセブンイレブン特集をやっていた。
ペイド広告かな、と思いつつ見ていたが、それを考慮してもセブンイレブンの商品はレベルが高い。

実は、何を隠そう私はセブンイレブン大好き人間なのである。 なにせ高校生の頃初のバイトはセブンイレブンだったぐらいだ(数カ月後に客の弁当を温めすぎて溶かして辞めたが)。

そんな私は、昔から公園で角打ちのように飲むのが好きで、近くのセブンで酒とつまみを買って公園で酒を楽しむというのをやっていた。

大学生の頃、バーテンダーになりたいなんて思っていたので、ただ酒をのむだけでなく工夫をしたくなるものだ。 ということで、よくやる工夫をご紹介しようと思う。第一弾、サングリアである。

セブンイレブンで買えるものだけで作るサングリア

公園で飲むためには、セブンだけで買えて器具がいらない、が絶対条件になる。 私が考えるセブンサングリアは、暑い時期でも冷たく、美味しく飲めるものである。

材料

  • アイスコーヒーの氷(Lサイズ)
  • 冷凍ミックスベリー
  • ワイン(小さいボトル・好みだが、今日のレシピなら赤。詳細は後述)
  • コーラ(詳細は後述)

作り方

  1. アイスコーヒーの氷に、コーヒーは入れずに冷凍ミックスベリーを入れます。 f:id:suica_versa:20170809234502j:plain f:id:suica_versa:20170809234516j:plain

  2. 赤ワインを入れます。 f:id:suica_versa:20170809234854j:plain f:id:suica_versa:20170809234900j:plain f:id:suica_versa:20170809234913j:plain

  3. コーラをいれて、 f:id:suica_versa:20170809234957j:plain

  4. はい、完成。 f:id:suica_versa:20170809235021j:plain

まぁ、サングリアと言っているが、柑橘系も入ってないし似非サングリアであるが、冷凍ベリーが冷たくてうまい。冷凍みかんをいれても良いかもしれない。

公園で飲もう

こんな酒を、公園で飲むのが良い。今回はたまたま酔っ払った帰りに買ったので家で写真を撮影したが、これからは公園飲みがトレンドである。

ちなみに

日本では混成酒(いわゆる梅酒のような果実酒)を家庭で作る場合でも20度以上の酒に漬けることが前提となっているため、家庭用といえども作成した場合は酒税法違反となる(酒類製造免許があれば可能)[1]。どうしても飲みたい場合は一杯ごとに飲む直前に果物を入れる(ただし、これをサングリアといえるかどうかは別途検討が必要である)。 また、店舗での提供は20度以上の蒸留酒となっている為、スタンダードなレシピでは提供自体ができない[2]。

とのこと。アホか。このくらい好きにさせろ。

ホストするのは楽しい

昨日、ボードゲームの会#2を開いた。

 

これは、昔やったお邪魔者、というゲームが楽しすぎて、仕事関連の友達呼んで遊びたい、と思ったのが発端。

 

というのはあるが、裏目的には自分のリーダーシップの向上がある。

リーダーの仕事というのは、すごく優秀にコントロールする、とかではなく、文字通り向かいたい方向に引っ張ることだと思う。

 

事業は必ずしも前に進めるとは限らないので、リーダーシップを養う上では停滞期がある。

それを突破すると段階が上がって成長するわけだが、、

 

一方、遊びのホストは比較的やるかやらないかに尽きるし、その先の問題は程よい難易度である。

なので、停滞期に自分を見直す上でも、自分のやりたいことに関するホストは良い刺激になる。

 

会が楽しくなるために、コンテンツ増やしたりリマインドかけたり。

消費者であるときは当たり前に求めていたことを、いざ自分が提供するときは至らなさに焦る。

とはいえ、普通に頑張ればなんとかなる問題しか起きないので、頑張れる。

 

 

今度はvrだし、美食の会もやりたいし、バーの会、そして友人との経営コンサルなど、刺激はいっぱい。

洞窟

今日、彼女の友人に洞窟へ連れて行ってもらった。

 

奥多摩の山の中にある洞窟。なんとかツアーではなくてその人に先導して連れて行ってもらう方式。
なので装備も最低限だし、事故ったら最終的には自己責任になる。

 

 

で、3時間ほど洞窟内を探検して出てきた。

 

洞窟の中は数メートルあるような穴や、十数センチ程度の隙間などをすり抜けていく必要があった。
もし落ちたら、余裕で足を骨折したり、体に岩がが突き刺さって死んじゃったり、隙間に挟まって出れなくなったりと言う怖さがすごくあった。
(実際は、ほどんどのケースで腕を打って痛い思いをする程度だと思う)


そういう怖いところに直面するたび、なんとか回避方を探したが、選択肢はなかった。
仕方なく、そういう試練を突破するたび、アドレナリンが出まくったのが強烈な印象だった。


無理!と思った時に、けど頑張って突破した時のアドレナリンは、中毒になる。
だから、厳しい状況にも身を置きたくなるんだな、と。


最近の自分は、アドレナリンが出る環境を作れてたかな、と振り返る機会になった。

 

 

何かのために、というよりも、とにかく楽しい。
洞窟は、理由を語れない楽しさがある。ただ、ただ、楽しい。

 

仕事も、全く同じだなと思った。
突破するんだ、という覚悟があると、山場が楽しくなる。

そういう生き方をしたい、と改めて思った。
(とはいえ、落ちたら怪我するあの怖さは、背中を押されないとなかなか食べに行けないな、、けど、行きたいな、、)